酒粕・糀資格W取得講座

酒粕・糀資格W取得講座

酒粕・糀資格の基本情報

酒粕・糀資格W取得講座

 

 

酒粕・糀資格W取得講座では、酒粕・糀マイスター
(日本安全食料料理協会(JSFCA)主催)と、
酒粕美容健康アドバイザー
(日本インストラクター協会(JIA)主催)
という2つの資格を取得できます。

 

 

講座の受講費用は一般講座は59800円、
スペシャル講座は79800円で取得できます。

 

 

分割払いを選ぶ場合は、
一般講座は3300円の20回払いで、
初回だけ4276円支払う形になります。

 

 

スペシャル講座の分割払いを選ぶ場合は
3800円の24回払いで、初回は3891円を
支払うことになります。

 

 

添削課題は一般講座では5回、
スペシャル講座では合計6回
提出することになりますが、
講座の学習期間は最大6ヶ月あるので、
毎月1回課題提出していれば
遅れずに資格を取得できます。

 

 

特にスペシャル講座を受けた場合は、
試験免除となり、最後の卒業課題の提出だけで
2つの資格を取得できるため、
より効率的に資格を取りたい場合は
スペシャル講座を選ぶと良いでしょう。

 

 

講座で学べる内容詳細

酒粕や糀に関する資格はほとんどなく、
魚料理や肉料理でよく選ばれるのにもかかわらず、
しっかりとした発酵関係の資格としては、
諒設計アーキテクトラーニングの資格が
無難にちょうどよい資格となっています。

 

 

高度な発酵を行うのではなく、
家庭でもできる基本的な酒粕・糀応用術、
活用レシピなどを学べて、酒粕の歴史や
料理するときの注意点も学べます。

 

 

基本をしっかり学び、中級者向けにも
頼りにできる内容ですが、
既に発酵生産のプロだという方や、
自身で既に酒粕を使った料理を行っている場合には、
内容が簡単すぎるでしょう。

 

 

初心者向けで、これから酒粕料理を
自分でやっていきたい、
オリジナルの甘酒を作りたい
といった思いがある方には最適な資格です。

 

 

資格講座の口コミと人気

この資格講座は、ネットで調べていてみつけて、
早ければ2ヶ月で合格できるということで、
すぐに受講することを決めました。

 

 

酒粕というと、最も先に思い浮かぶのが
甘酒だったのですが、甘酒でダイエットしつつ、
腸内環境を整えられるという話を
風のうわさで聞いて気になっていたので、
この機会に資格も取得して、
オリジナル甘酒を楽しめるようになろう
と思いました。

 

 

口コミをSNSで調べてみると、
そこそこ大丈夫そうな口コミで
お金をためてから挑戦しようと思いました。

 

 

肩書きがあまりなかった私にとって、
資格も取れて、趣味も楽しめるこの講座は
とても魅力的でした。

 

 

中身は基本が多かったですが、
家族のためにも生かすことができました。

 

 

講座を受講するかどうか考えている方は、
まずは資料請求するのがおすすめです。

 

 

酒粕・糀マイスターW資格取得講座

page top